アジアネット教育研究所は専門家による小学校英語教育、ヘルスケア・マネジメントの情報を提供します

会社概要 企業理念 アクセス お問い合わせ HOME
ヘルスケア・マネジメント
ヘルスケア・マネジメントTOP
▼リレーコラム
活動報告
質問・投稿コーナー(準備中)
掲載記事(準備中)

グループ会社紹介
株式会社ネットラーニング
株式会社wiwiw



HOME>ヘルスケア・マネージメントTOP>リレーコラム

■リレーコラム
      〜ヘルスケア・マネジメントにおける諸問題を考える

第1回 ヘルスケア・マネジメントにおけるコンフリクト
真野 俊樹(多摩大学医療リスクマネジメントセンター教授)

 
 なぜ、ヘルスケア・マネジメントにおいてコンフリクトが起きているのでしょうか。考えてみましょう。

◇医療におけるコンフリクト:感情と合理性

 「白い巨塔」(山崎豊子原作、主演唐沢寿明 2003年、フジテレビ制作) において、印象的なせりふがありました。正確ではありませんが、再現してみます。

 唐沢寿明演じる財前五郎が、治療法がない患者に対して病院を退院させようとするのに対して、江口洋介演じる里見脩二医師が反対します。 

 財前の言う「大学病院というのは、治療して治せる患者に最高の治療を提供する場所である。直らない患者でベッドを埋めてしまうのは非効率である」、これは、経済学でいう効率的な資源配分に従った合理的な意見と言えるでしょう。

 一方で、里見は、「患者さんを、最後まで診てあげたい」と言います。これは、まさに今の医療経営で生じているジレンマを表した場面と言えるでしょう。病院の経営者、管理者の多くは医師や看護師、薬剤師です。

 これらの現場を経験してきた人たちはどう感じるでしょうか。 あるいは現在現場にいる人たちや患者さんはどう思うでしょうか。 おそらく、里見医師の考えに全面的に共感しないまでも、賛成の人が多いのではないでしょうか。

 ここが医療経営、管理の難しいところでしょう。つまり、主に資本の論理を優先する(優先せざるをえない)経営陣と、フロントである医師や看護師の間にはコンフリクトがそもそも存在するのです。

 医師や看護師が経営母体についてとやかく言うことは少ないでしょう。 一般の企業でも経営不振のためにボーナスをカットされても耐える従業員が大半です。しかし、経営方針については、必ずしも従順ではありません。
 小松秀樹氏(虎の門病院泌尿器科部長)は「医療崩壊」(朝日新聞社)において、勤務医師が「立ち去り型サボタージュ」を起こしていると述べました。 これは、主に過酷な労働条件において発生する現象をさすのかもしれませんが、経営陣が変わり経営方針が転換されたときに、「立ち去る」医師は多いと言います。

 ただし、このことは必ずしも立ち去った医師や看護師が正しく、経営陣(経営者としての医師を含む)が間違っているということではない点に注意が必要です。

◇医療におけるコンフリクト:選択と集中

 もう一つの問題は、機能分化、つまり経営学的に言う、「選択と集中」の可否です。

 私が出演したNHKクローズアップ現代(2007年7月4日放映)における医療ファンドについての討論会では、この「選択と集中」の可否も議論されました。すなわち、診療科目を絞れという経営陣に対し、地域医療あるいは自らの経験からフロントの医師が対峙するという構図です。

 医療経済には、医療へのアクセス、質の担保、コストの削減の3つが同時にできるのか、という大きな命題があります。 ここでの「選択と集中」は、アクセスについて犠牲を払う代わりに、質を保証したり、コストを減らそうとする考え方と言えます。

◇マネジメントの必要性

 上述したようなコンフリクトを避け、いかに組織の生産性を高めるのか。
経営が、適切な資源配分を組織の力で行うことだとすれば、これらのコンフリクトを避けるところに、医療マネジメントのポイントがあると言えるでしょう。

 経営には正解はありません。しかし最善はあるでしょう。
 これらを考えていくことが必要であり、その手法を学ぶのが、ヘルスケア・マネジメントを考える大きな意味の一つではないでしょうか。


2008年2月4日
 
真野 俊樹 (まの としき)
真野 俊樹(多摩大学統合リスクマネジメント研究所教授 医療リスクマネジメントセンター長)

多摩大学統合リスクマネジメント研究所教授 医療リスクマネジメントセンター長。

著書・その他:
医療に対する満足度の経済学・心理学的分析(医薬経済社、2008/4)
保険薬局経営読本 (薬事日報社、2007/12)
介護マーケティング(日本評論社、2007/7)
医療リスクマネジメント心得帳 (日本医学出版、2006/6)
入門 医療経済学―「いのち」と効率の両立を求めて (中公新書) (中央公論新社、2006/6)

 

ページトップへ▲