アジアネット教育研究所は専門家による小学校英語教育、ヘルスケア・マネジメントの情報を提供します

会社概要 企業理念 アクセス お問い合わせ HOME
小学校英語教育
小学校英語教育TOP
▼リレーコラム
テーマ 1. 教師の資質とは
▼リレーコラム
テーマ 2. こうすればもっと良くなる!授業実践
▼リレーコラム 特別号
活動報告
質問回答コーナー(準備中)
掲載記事(準備中)

グループ会社紹介
株式会社ネットラーニング
株式会社wiwiw



HOME > 小学校英語教育TOP > リレーコラム

■リレーコラム テーマ 2. こうすればもっと良くなる!授業実践

第5回 授業実践の改善法
太田垣 正義 (鳴門教育大学小学校英語教育センター所長)

◆ コミュニケーションの重視

 さる3月に公示された学習指導要領の中に、初めて小学校に外国語活動が導入され、その目標は、「外国語を通じて言語や文化について体験的に理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませながら、コミュニケーション能力の素地を養う」ことであるとされています。

 この一文の中に「コミュニケーション」という言葉が2回使用され、その重要性が強調されています。したがって、これから小学校で英語教育を行う場合、子どもたちにコミュニケーションへの意欲を植え付け、コミュニケーション能力の素地を養うことをまず念頭におく必要があります。
 コミュニケーションといえば、活発に英語を使って問答をしたり、楽しくゲームをすることのように考えられています。しかし、そうした活動の多くはコミュニカティブでないことがあります。



◆ 活動の改良

 

それではどうすればいいでしょう。J. Harmer(1983) The Practice of English Language Teaching (p.45) は、コミュニケーションの要因と して次の6つがあると提案しています。

(A)  学習者の伝達意欲 (B) 伝達の目的 (C) 構造より内容中心 
(D) 1つの文法構造よりも言語の多様性に注意が向くこと 
(E) 教師が干渉し過ぎないこと (F)題材を管理しないこと

 例えば、文科省から配布された『英語ノート』(6年生用、18頁)に「自分の生まれた月の数字を(  )に書き、日付を○で囲もう」という 活動がありますが、これを上の基準でチェックすると、あまりコミュニカティブでないことになります。 そこで、「自分の生まれた月を英語で言ってみよう」とか「When were you born? I was born in 〜. を学習し、友だちに聞いて回り、自分と同じ月に生まれた人を2人探そう」というようにすれば、Harmerの基準をもっと満たすことになり、子どもたちがコミュニケーションに意欲を持つようになります。

2008年7月18日

 
太田垣 正義 (おおたがき まさよし)
太田垣 正義(鳴門教育大学小学校英語教育センター所長)

鳴門教育大学小学校英語教育センター所長。

著書・その他:
コミュニカティブな文法指導―理論と実践  (開文社出版、2003/4)
英語教育学・理論と実践の結合―語彙指導と語彙研究 (開文社出版、1999/3)
英語教師の文法指導研究 (英語教育叢書) (三省堂、1992/9)
落ちこぼれのない英語教育―誤答分析の視点から (南雲堂、1990/6)

 

ページトップへ▲